トップ / 公立の学校のメリットに関して

公立の学校のメリットに関して

公立の学校のメリット

公立の学校に関する特徴

義務教育として学ぶ公立の学校では、原則的に授業料が無料です。授業で使う教科書や給食費などの費用に関しては、基本的には保護者が負担する事になります。学生が着ていく学生用の制服や体操着などの服装は、基本的には保護者の負担で購入する事が決まっています。公立の高等学校の学費に関しては、3年間で150万円程度の授業料を支払って、授業を受ける事が原則です。私立と比較して、授業料が半額になることが特徴です。最近は高校の授業料の無料化に関する検討をしていて、所得が低い世帯でも安心して授業を受けてもらう政策があって、平等的に生徒が授業を受ける目的があります。

学校,おしゃれ

学費が無料という利点

公立の学校のメリットをあげるなら学費が無料ということもありますが、子供の習い事にお金をかけられるのもメリットと言えるでしょう。また給食もあるので栄養管理もしっかりしているので、お弁当作りの煩わしさがありません。自治体にもよりますが、授業の内容もそれぞれに特徴があり子供の個性を引き出してくれる学校もあります。英語の授業はでもバイリンガルの先生を迎えて教えているところや、PTAの活動も様々あり個性があります。私立にもメリットはありますが公立も教育内容がしっかりしており、またスクールカウンセラーの派遣もおこなっているのでメンタル面でも安心できるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校の選び方と基準に関して. All rights reserved.