トップ / 学校と栄養士の仕事に関して

学校と栄養士の仕事に関して

学校と栄養士の仕事

栄養士になるための学校

栄養士になるためには、養成課程のある短期大学や大学、専門学校で勉強するという方法があります。大学以外は2年間勉強することになります。大学の場合は4年間勉強するので、資格取得と同時に管理栄養士の受験資格も得られます。短期大学や大学の場合は、家庭科の先生の免許等も同時に取得することもやりやすいかとおもいます。また、他の学部との交流もできたりします。専門学校の場合は、夜間コースが用意されていることも多く、働きながら通いやすいです。入学試験も、面接のみなど、特殊な形が多く用いられます。自分に合わせて選んでみてください。

学校,おしゃれ

子どもの成長に関わる栄養士

学校栄養士という仕事は給食を作ることなどを主な業務内容としていて、子供たちの毎日の食事の献立を考え、栄養バランスと成長を促すものを調理します。時には普段の食生活の指導や衛生管理などの作業をすることがあります。食は健康的な生活に欠かせないものなので、そこに携わり、子供たちが残さず作ったものを食べてくれた時にはとてもやりがいを感じるでしょう。また、最近は食育という言葉が良く使われるように、食事や栄養の大切さを子どもの前で話したりすることもあるでしょう。採用を申し込みをしたい場合には都道府県のホームページなどに載った情報をもとに、試験を受けるという流れになります。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校の選び方と基準に関して. All rights reserved.